糖質 食事宅配

糖質制限に役立つ食事宅配の通販サービス

糖尿食事宅配|料理

糖尿病などを患っている人は日本にも非常に多いことで有名です。
食事宅配サービスは制限食は現代人の生活習慣による体調不良にも繋がる糖の数値の変化やタンパク質の数値、血圧の数値といった健康上のお悩みで気にしておかなければならない数値を、毎日の食事を手軽ながら、しっかりとカロリー・塩分、たんぱく質のことまで考えて作られたメニューでサポートしてくれるサービスです。

 

糖の数値が高い方や腎臓に不安がある方は、少なからず食事制限が必要とされています。ただ、毎日食事を準備する時間がある方ばかりではありませんよね。
また、料理が得意ではない方もいる中で、健康上のリスクが高い糖の数値が高い方のケアのための食事を用意するというのはとても大変です。

 

当サイトではそんな、ご家族に糖の数値や腎臓に不安がある方、食事制限が必要な方でも毎日の食事を楽しみながら続けられるおすすめの糖質制限食宅配サービスをご紹介しています。

 

 

 

食事宅配サービスおすすめランキング

こちらではカロリー・塩分、たんぱく質の数値に配慮しているのはもちろん、食材にも気を使い、毎日食べても飽きない味わい、おいしさにもこだわっているおすすめの糖質制限食宅配サービスのランキングをご紹介します。

 

糖質制限食でお困り方、カロリーやコレステロールなどの数値が気になりこれから食事制限に取り組もうとされている方は参考にしてみてくださいね。

 

糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの特徴

糖尿病や腎臓、高血圧などの方のための気配り宅配食、おすすめ度NO.1!

  • 管理栄養士が献立監修
  • 冷凍で保存に便利、レンジでチンするだけで準備ができる
  • 主菜1品と副菜3品を高機能パッケージでお届け
  • 1食が一つの容器にセットされているから数値管理がしやすい
  • クール冷凍便で全国宅配対応
  • 送料通常700円・定期便350円
メニュー
健康気配り宅配食(7食4,300円〜)
カロリー制限メニュー(7食4,500円〜)
塩分制限メニュー(7食4,500円〜)
たんぱく質制限メニュー(7食4,800円〜)
ごはん・味噌汁にも気配り
低糖質・低カロリーごはん(12食2,340円〜)
1/35低たんぱくごはん(30食5,900円〜)
コシヒカリ100%の低たんぱくごはん(30食6,800円〜)
やわらか発芽玄米ごはん(36食5,400円〜)
トクホのお味噌汁 (60食8,400円〜)

※ごはんと味噌汁は送料通常540円・定期便送料無料

価格 7食4,300円〜1食あたり614円
評価 評価5
備考 初回セット 送料無料
ウェルネスダイニングの総評

ウェルネスダイニングは通常の宅配食事も扱っていますが、糖尿病治療中のご飯として活躍してくれる低糖質ご飯や、腎臓に不安がある方に選ばれている低たんぱく食、、血圧の数値が気になる方に選ばれている塩分制限食など、カロリーやたんぱく質の制限がある方向けの宅配食事としての特徴があります。

そのため、通常のメニューでもカロリーは300kcal以下、塩分も2.5g以下と、毎日の食事で気になる数値管理にも嬉しい宅配食事です。

さらに低カロリーメニュー(240kcal以下、塩分2.5g以下)、塩分制限メニュー(300kcal以下、塩分2.0g以下)、たんぱく質制限メニュー(300kcal以上、塩分2.0g以下、たんぱく質10g以下、カリウム500mg以下)など、自分で管理しようと思うと大変な塩分、たんぱく質の食事療法にも役立ちます。

味わいもほどよい柔らかさで、ご年配の方でも食べやすく、高機能パッケージで1食が1つになっており、レンジで温めるだけの簡単準備です。
離れて暮らす、親御さんなどの食事として利用されている方も多いです。

食事制限は大変で味気ないというイメージですが、ウェルネスダイニングは楽しく、健康に配慮、素材にこだわり、毎日の食事を見た目にも楽しめるメニューを管理栄養士監修の元作られているので、飽きずに続けられるおすすめの宅配食事サービスです。

糖尿病食事宅配|美健倶楽部

美健倶楽部の特徴

糖尿病治療中の方に愛用されている宅配食

  • 管理栄養士が献立監修
  • 全メニュー400kcal以下のBC400の本格ディナー
  • 主菜1品と副菜3品・ごはん・汁物セット
  • 個別包装で流水・湯線・レンジで解凍
  • クール冷凍便で全国宅配対応
  • 送料通常650円
メニュー
お試しセット
3食2,480円1食あたり827円
5食3,980円1食あたり796円
10食7,820円1食あたり782円
ご飯無し5食3,790円1食あたり758円
フルセット
20食16,260円1食あたり813円
ご飯無し20食15,440円1食あたり772円

価格 20食分15,440円〜1食あたり772円
評価 評価5
備考 お試しセット3〜10食分有り 2,480円〜7,820円
美健倶楽部の総評

美健倶楽部のメニューには、糖尿病の方、もしくは予備軍として医者から指導を受けている方のための糖質制限されたメニューがあります。
なんといっても特徴は1食分がご飯、汁ものと主菜・副菜で400kcal以下となった低カロリーメニューで、厚生労働省が推奨する栄養摂取基準に基づいた、たんぱく質カルシウム、塩分、ミネラル、食物繊維、コレステロールのバランスに配慮したメニューが毎食食べられます。

低カロリーながら、和洋中の豊富なメニューで飽きずに続けられること、さらに使用している食材は素材にもこだわり、安心して食べられることにもこだわっています。
糖尿病食でお悩みの方は是非1度チェックすることをおすすめします。

糖尿病食事宅配|わんまいる

わんまいるの特徴

メニューの豊富さが魅力、ご家族で利用するならわんまいる

  • 管理栄養士が献立監修
  • 作りたてを急速冷凍でお届け自然解凍・流水解凍など火を使わないから安心
  • 国産野菜100%使用・創業70年の惣菜専門店で調理
  • クール冷凍便で全国宅配対応・送料通常500円〜
メニュー
健幸ディナーお試しセット5食分3,480円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり696円)
※送料無料
健幸ディナー通常セット5食4,100円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり820円)
健幸ディナー定期購入5食分3,480円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり696円)
※定期購入はいつでも解約・休止可能、再開もOK
単品でも惣菜が注文できる便利さ!
主菜・副菜・デリカ、スープ、スイーツ、お菓子、ご当地グルメまで、単品で注文可能です。
1品180円〜となっており、合計金額5,000円以上で送料無料です。

価格 5食3,480円〜1食あたり696円
評価 評価5
備考 お試しセット 送料無料
わんまいるの総評

わんまいるは健康に配慮しながら、毎日美味しく、食事制限が必要な方だけでなく、ご家族で楽しめるメニューの豊富さが好評な宅配食事サービスです。

特に旬の食材を使った健幸ディナーは見た目や味わいにもこだわりながら、1食あたり平均400kcal以下、塩分3.5g以下となっています。
料理はそれぞれが個別包装となっているので、自分で量を調節しやすく食べ残しも防げて経済的です。

作りたてを急速冷凍してのお届けのため、準備も簡単で保存にも便利です。

全国の名店と提携をしているので、ご当地グルメやスイーツも用意されていますので、自宅に居ながら、全国の美味しい食材が毎日食べられるので、つらい食事制限の中でも楽しんで食事ができる点も魅力です。

糖尿病食事宅配|おまかせ健康三彩

おまかせ健康三彩の特徴

カロリー・塩分制限食だけじゃない本格メニューで家族の食事をサポート

  • 管理栄養士が献立監修
  • 冷凍保存可能で準備も簡単
  • 1食が一つの容器にセットされているから数値管理がしやすい
  • クール冷凍便で全国宅配対応
  • 送料通常670円〜
メニュー
おためしセット3食分2,052円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり684円)
※送料込み
おまかせメニュー7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)
カロリーコントロールコース7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)
塩分コントロールコース7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)
※送料670円
単品・特別メニュー
通常のセットコースに加えて、和洋中、ごはんものから、京のおばんざいや富士宮やきそばなども取り扱っています。

価格 7食4,529円〜1食あたり647円
評価 評価5
備考 お試しセット3食 2,052円送料無料
おまかせ健康三彩の総評

カロリー・塩分コントロールのメニューに加えて、ご家族みんなで楽しめるセットコースが用意されています。
カロリーコントロールコースは205〜269kcal、塩分コントロールコースは塩分1.5〜1.8g以下と糖尿病など食事療法をしっかりとサポートしてくれます。

カロリー・塩分コントロールといってもメニューの内容は充実しており、ポテトグラタンやビーフシチューなど、自分で作ろうと思うと少し難しいメニューも用意されており、毎日の食事を楽しく、健康に配慮しながら食べられます。

初回注文の方はお試しセットが3食分送料込みで用意されていますので、まずはこちらで味わいや利用のしやすさをお試ししてみてください。

糖尿病食事宅配|彩ダイニング

彩ダイニングの特徴

食事制限のことを考えて作られた宅配食事

  • 管理栄養士が献立監修
  • 冷凍配送で電子レンジ解凍
  • 主菜1品と副菜3品をパッケージでお届け
  • クール冷凍便で全国宅配対応
  • 送料通常700円7食以上で送料無料
メニュー
カロリー・塩分調整コース
おためし7食セット4,193円(1食あたり599円)
定期便7食セット4,355円(1食あたり622円)
たんぱく質・塩分調整コース
おためし7食セット4,760円(1食あたり680円)
定期便7食セット4,922円(1食あたり703円)

※おためし、定期便は送料無料
※カロリー・塩分調整コースのその都度注文は599円、たんぱく質・塩分調整コースは680円で注文可能

価格 7食4,355円〜1食あたり622円
評価 評価5
備考 お試しセット7食 4,193円送料無料
彩ダイニングの総評

彩ダイニングは食事制限が必要な方のためのメニューのみを扱っている宅配食事サービスで、糖尿病、腎臓病、高血圧の方が利用しやすいサービスでもあります。

カロリー・塩分調整コースはカロリー250kcal以下、塩分も2.0g以下、たんぱく質・塩分調整コースはカロリーが310kcal以下、たんぱく質10.0g以下、カリウム500mg以下、リン170mg以下、塩分2.0g未満となっており、食事制限が必要な方の1日の総エネルギーの計算がしやすいのが便利です。

毎日の食事で全て管理するのは大変な食事の準備も簡単に行えるため、ご家族の負担も減りますね。
お試しセット、定期便に加えて、その都度注文にも対応していますので、週末だけ、平日だけといった申し込みも可能ですので、7食分を一度に頼むのはちょっとという方にも利用しやすいのがポイントです。

 

>>目次に戻る


糖尿病食とは?食事制限・食事療法について

糖尿病食事宅配|糖尿病食

 

糖尿病食とは、糖尿病を患っている、もしくはその予備軍である場合に糖尿病による合併症を予防するための食事療法です。
食事制限として知られる糖質制限なども糖尿病食の一つでもあります。

 

糖尿病の治療の基本として挙げられる、食事・運動・薬物治療で血糖をコントロールするための一つで、主食・主菜・副菜のバランスを取りながら行います。

 

エネルギーの過剰な摂取は糖尿病にとっては健康上のリスクも大きく、定められた数値の範囲内での食事に制限されてしまうため、続けるのがとても苦痛に感じてしまう方が多いです。

 

糖尿病による食事制限はセルフコントロールも必要

糖尿病が悪化した場合には、入院をするなどして、病院の管理下で1日の摂取カロリー範囲内の食事制限が行えますが、入院するまでではない糖尿病の方、もしくは糖尿病予備軍の場合、自宅などで自分の手で1日の摂取カロリーを計算しながら食事を摂る必要があります。

 

この場合、数値管理が大変、面倒なこと、さらに糖尿病自体が悪化・合併症などを起こさないと自覚症状がわかりにくいため、セルフコントロールによる食事制限がうまくいかず、糖尿病が悪化してしまうことが多いと言われています。

 

糖尿病食は家族にも負担が大きいケースもある

糖尿病食事宅配|家族

糖尿病を患っている方はもちろんですが、それを支えるご家族の方にも負担がかかることが多いです。

 

というのも、ご家族の中で一人だけ、カロリーや塩分、たんぱく質といった数値に気を使うメニュー、味付けを準備するというのは、お仕事をされていない、主婦の方でも手間がかかります。これが共働きの方、お子さんが居るご家庭となると準備をするだけでも大変です。

 

しかもそれが毎日続くとなると、料理をする方のストレスにも繋がりますし、ありがたいと思っていても、味わいが物足りないとなると、毎日の食事自体が憂鬱に感じてしまうこともあります。

 

糖尿病による食事制限はご本人だけでなく、家族のサポートも必須な上に、負担もかかるというのが現実です。

 

糖尿病食と通常の食事との違いについて

糖尿病食事宅配|普通の食事

糖尿病の方にとって食事制限や食事療法はとても辛いものです。ですが、糖尿病の方にとって必要であるということは間違いありません。

 

まず、糖尿病になってしまった原因を知りましょう。

 

食事習慣の乱れによる蓄積で起こる糖尿病

日頃からの不摂生な生活やストレスが多く、暴飲暴食をしてはいませんでしたか。
暴飲暴食は、膵臓で作られているインスリンをたくさん使用してしまいます。

 

インスリンがうまく作られなくなると、血糖値はどんどん上昇してしまいます。今まで食べていた通常食では、血糖値に対して少し不安があります。

 

誰もが発症するリスクのある糖尿病、この病気を軽視している人がたくさんいます。サイレントキラーとも呼ばれ、知らず知らずのうちに進行しているケースは多くないです
常に血糖値が高く、最悪ケトアシドーシスという病気を引き起こす可能性もあります。

 

一般的な糖尿病食の特徴

糖尿病食事宅配|糖質

血糖値が上昇する食事として炭水化物があります。

 

炭水化物は私たちのエネルギー源ですので、毎日摂取しなければなりません。ですが、糖尿病食になると、その炭水化物が抑えられているものに変えられます。
低カーボ(低糖質)と呼ばれる食事を心がけなければならないのです。

 

糖質を抑えた食事が糖尿病食と呼ばれるものです。

 

カロリーよりも糖質の制限が重要

カロリーを抑えれば良いと勘違いしている人も多いでしょうが、カロリーはあまり関係ありません。

 

カロリーよりも大切なのが、糖質なのです。
糖質を抑えた食生活をすることで、必要インスリンを減らしてくれます。

 

糖尿病食は糖尿病の改善に必要な血糖値のコントロールをするための必要な食事療法なのです。

 

糖質制限とGI値

糖尿病による食事制限がある方はGI値というものを気にする必要があります。
GI値とは、glycemic index(グリセミックインデックス)の略で食品が体内で糖へと変わり、血糖値が上昇するスピードを測った数値で、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として基準にされており、ここから相対的に各食品のGI値の数値が求められています。

 

GI値が低いほど、血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられるとされています。

 

GI値は調理方法、食べ合わせで変わる

食品ごとにGI値というのは設定されていますが、食べ合わせ、調理の仕方によって変化します。
また、GI値は食物繊維が含まれていると低い傾向にあり、GI値が高い食品と食物繊維が多い食べ物を摂ることで、トータル的に血糖値の上昇を抑えることができる場合もあります。

 

主な食品のGI値の一覧はこちら

 

糖尿病の食事指導とは?

糖尿病食事宅配|食事指導

糖尿病は、食事と大きな関連性を持つインスリンの不足や欠乏によって発症します。
インスリンが不足することにより、食べ物から摂取したブドウ糖が利用できない状態となり、体は栄養不良に陥ります。

 

一方で利用されないブドウ糖は血液中に溢れることとなり、高血糖状態となります。

 

この状態が進行するとやがて様々な合併症を引き起こすことになります。これを防ぐためには食べ物の量を調整する食事制限が有効です。

 

患者一人一人に合ったエネルギー量と栄養のバランスを配慮した食事を摂るように心がける必要があります。

 

この食事療法は糖尿病の治療の基本となりますが、患者の理解が不十分な場合も多いので、血糖をコントロールするためには管理栄養士による食事指導が有効です。

 

食事療法の指導内容について

指導内容としては、食事内容や食べる時間帯、嗜好など食習慣を把握し、更に身体活動量を考慮して基準となる摂取エネルギー量を決めていきます。

 

食品交換表を使って栄養指導を行いますが、慣れるまでには時間がかかるので実際のフードモデルを使用してわかりやすく指導を行います。
三大栄養素の配分は、炭水化物は摂取エネルギー量の60%を超えない範囲に収め、タンパク質は体重1キロ当たり1グラム程、そして残りを脂質で摂取します。

 

糖尿病の食事療法の基準

糖尿病食事宅配|食事基準

食事療法は糖尿病と診断された人が取っていく基本となります。
治療には食事、運動そして薬などによって血糖をきちんとコントロールして、糖尿病にとって怖い合併症を予防していくことが必要です。

 

食事は血糖が上昇するのに直接に関わりがありますので、治療の基準とも位置付けられるものです。

 

栄養バランスと摂取エネルギーに基づいて決められる食事内容

食事療法といっても、実は特別に決まったものではありません。

 

人、それぞれが摂取して良いと言われるエネルギーを知り、それより過剰なものを摂取しないように、栄養素はバランスよくとっていくことが必要となります。

 

主食・主菜・副菜のバランス

バランスはご飯やパンなどの穀物類で糖質を含む食品の主食、食事のおかずで肉や魚などのタンパク質や脂質を含む主菜、そして野菜や海藻、キノコ類などを使った副菜を組み合わせて摂ることになります。

 

その他に牛乳などの乳製品や果物なども適量摂っていくようにします。

 

食事内容の基準は個人によって違う

食事療法となる時には年齢、性別、身長、体重や普段の生活の活動量などを基準にして、1日に摂取するエネルギーが決められます。

 

その時に何より大切になるのは多くの食品をバランスよく食べることです。そして、それを毎日3度の食事の内容が均等になるようにします。
同じエネルギーを1度に摂るような食べ方は血糖の上昇が大きくなってしまいます。

 

>>目次に戻る


糖尿病の方が食事で注意するべきポイント・カロリー計算

糖尿病食事宅配|カロリー計算

 

炭水化物の摂り方

糖尿病食事宅配|炭水化物

糖尿病は血糖値が慢性的に高い状態にある病気です。

 

血糖値の元となる糖分は食事に含まれており、これは炭水化物と表現されることもあります。ただしこの中には食物繊維も含まれており、また炭水化物は人間の体を動かすためのエネルギーにもなるため、糖尿病の人でも、まったくこれを摂取しないと言うのは間違えです。

 

適正なエネルギー量の食事を把握すること

注意すべき点としては、まずは適正なエネルギー量の食事を摂取すると言うことです。これはエネルギー過多による肥満が、症状を悪化させることにもつながるためです。
適正なエネルギー量は、ひとりひとりのライフスタイル、年齢などによって異なるので、医師によって決定されたものを守るようにするのがポイントです。

 

塩分の摂り方

糖尿病食事宅配|塩分

同様に糖尿病との因果関係も指摘されている高血圧を予防するためにも、塩分を控え薄味にしておくのも注意点です。

 

食事習慣・時間を改善する

それから血糖値を安定させるためには、1日3回、できるだけ決まった時間に食事を摂取することも必要です。

 

時間がバラバラであったり、空腹の時間が長すぎたり、短すぎたりすると血糖値に大きな負担がかかる可能性があるためです。

 

食べる順番に気を配る

また食べ方にもポイントがあります。食べ始めには、できるだけ低カロリーでかつ糖質量が少ない野菜や汁物を選択するのが望ましく、その後に白米やおかずなどを食べるようにするのが良いです。

 

血糖値を急激に上昇させないためにも、ゆっくりと食べることも必要です。

 

血糖値が気になる方の一日の糖質、塩分量の目安

血糖値が気になる方の1日当たりの摂取カロリーの目安は、一日の運動量や体重によって異なります。

 

体をあまり動かさない方

デスクワークなど軽作業が主体であまり体を動かさない人であれば、体重1kgにつき30kcalとして計算するため、例えば体重が60kgの人は60kgx30kcal=1800kcalが目安となります。

 

糖質についてはデスクワークの場合は1800kcalx0.4=720kcal以下となります。

 

体を動かすことが多い方

一方、肉体労働など体を頻繁に動かす人の場合には、体重1kgにつき35kcalを基準とし、60kgx35kcal=2100kcalとなります。ほとんど体を動かさない人の場合には、摂取量を更に減らす必要があります。

 

糖質は肉体労働では2100kcalx0.4=820kcal以下です。

 

糖質については総摂取カロリーの40%以下が推奨されており、糖質720kcalというのは、150gのご飯約3膳分です。
1合のお米を炊くと約400gのご飯になるので、量としては1合より少し多いぐらいです。

 

1日の塩分量は、一般の人であれば10g以下が推奨されていますが、血糖値が気になる方は、糖尿病患者の推奨値とされている6g以下に抑えるのが無難です。

 

糖尿病の方はおやつを食べても大丈夫?

糖尿病食事宅配|おやつ

糖尿病患者がよく口にするのは、おやつは大丈夫なのかという疑問です。

 

病人だと言うのに呑気な発言にも聞こえますが、心の満足などを考えるとおやつもストレスケアとしては必要な場合もありますよね。
実際には糖尿病でもおやつは食べても良いというのが答えです。しかし、条件があります。

 

決まった時間に食べること、運動をした後に食べるなどルールがあります。

 

食べ方・種類に気を配る必要がある

ノンシュガーのミルクティやカフェオレなど少量の牛乳が好ましいです。なるべく砂糖の多い物を控え、チップスやデザートも我慢します。
どうしてもストレスを感じてしまったら、チョコレートやガムなど空腹をまぎらわす食べ物を選びます。
これなら腹持ちも良く、症状を最小限に抑えることが可能です。

 

おやつは食べても良いという結果ですが、本当なら治るまで禁止にするぐらいの気持ちが必要になります。
何故なら、また同じことを繰り返す恐れがあるからです。

 

自分を甘やかしていると、いつまでたっても病気は付きまといます。病気を引き起こすのは己にあり、まず自分を見直すことが先決です。

 

糖尿病の方がスイーツを食べる際に注意する点、一日の糖分の目安について

糖尿病の人でも、全く間食禁止、スイーツ禁止となると、逆にストレスがたまって他のところで体の不調を起こしてしまうかもしれません。

 

上述していますが、糖尿病は甘いものを全く食べてはいけないわけではありません。

 

多くの人は、糖分、摂取カロリーの制限をされているでしょうが、基本的にはその範囲の中で食べるように注意すればよいだけの話です。とはいっても、1日あたりのだいたいの目安が欲しいところでしょう。

 

スイーツを摂る時にカロリー目安

一つの目安として挙げられるのは、一単位といわれる80kcalです。これを一つの基準として考えればよいでしょう。
80kcalというとあまり大したことはなく、満足感が得られないと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

最近ではスイーツではあっても糖分、カロリーを控えめにしたものが作られていますから、食べごたえとしては十分に満足感の得られるものも増えてきています。
もちろん、もし手作りをするのであれば、自分で糖分を控えめにしたものを作ることもできます。ただし、くれぐれも食べすぎには注意しましょう。

 

ポイントの一つは、食べ切りサイズのものにすることです。大きなサイズのものを半分だけ、などと思っていても、ついつい食べ過ぎてしまうものだからです。

 

>>目次に戻る


糖尿病食宅配サービスのメリット・デメリット

糖尿病食事宅配|メリット

 

こちらでは糖尿病食宅配サービスのメリット・デメリットについてまとめてみました。
便利なサービスですが、もちろん良い点ばかりではありません。良い所と悪い所を把握して、自分の生活に取り入れやすいかどうかをチェックしてみてくださいね。

 

糖尿病食宅配サービスのメリット

  • 毎食のカロリー・塩分などの数値を気にしなくても良い
  • 自分で作るよりもメニューのレパートリーが多く、料理が苦手な方にもおすすめ
  • バランスの取れた栄養が摂れるのでトータル的な健康を目指せる
  • サービスによっては専用メニューと通常メニューがあるので家族みんなで利用可能
  • 妊婦さんや産後の方の食事の準備にも役立つ
  • いつでも注文可能なので食材の買い出しの手間が大きく減る
  • 離れて住むご家族の食事としても利用できる
  • 家族の内1人だけ食事制限が必要な方に利用しやすい
  • 独身で食事制限が必要な方におすすめ
  • 食材は冷凍保存ができるので腐らせる心配が無い

糖尿病食宅配サービスのデメリット

  • 通常の食費よりも高くなる場合がある(7食で3〜4千円)
  • 送料や手数料がかかる場合がある
  • サービスによって入会金・年会費がかかる場合がある
  • 食材を注文してからの時間がかかる場合がある
  • 利用したいサービスがお住まいの地域に対応していないケースがある
  • サービスによって味の好みが合わない場合がある

 

糖尿病食宅配サービスは栄養バランスがしっかりと取れている食事が食べられること、準備の手間や食材の買い出しする手間が減らせて、時間を有効に使えるといったメリットが多く、利用されている方の多くはサービスに対して満足されている方が多いです。

 

ただし、有料のサービスですので、自分で食材を買ってきて料理をするよりもコストは高くなることが多いことなど、経済的な面で利用をためらう方が多いです。


 

糖尿病食宅配サービス利用者からの口コミ・評判

糖尿病食事宅配|口コミ

糖尿病食はスーパーなどで購入した方が、食費は抑えられますが、買い出しをする手間や時間、毎食のメニューを考えるのは普通のご家庭でも大変です。
それが糖尿病食ともなると、作る側の負担は大きくなります。

 

実際に利用されている方も最初は自分で料理を準備していたものの、負担に感じて糖尿病食宅配を始めたという方が多いですね。

 

こちらは実際に糖尿病食宅配を利用されている方の声です。

 

 

夫の糖尿病食として利用を始めました。

 

うちは夫が糖尿病になってしまい、入院はまだですが、食事の内容についての指導をされました。
私もまだ、仕事をしていたため、毎日の食事の準備が一気に倍になったような気分で、正直疲れてしまっていました。

 

そこで、同じ職場の方にすすめて貰ったのが、糖尿病食の宅配サービスです。
夕食宅配と同じでしょ?と思っていたのですが、実際にカタログやホームページを見てみると、カロリーや塩分、たんぱく質などの数値に配慮してくれているメニューが用意されており、夫には申し訳ないと思いながらも、これからの生活を考えて、お試ししてもらうことに。

 

最初はさびしい顔をしていた夫ですが、最近では季節ごとの食材が楽しみになっているようで、数値の問題も無く、元気に過ごせています。

 

50代 講師 Wさん


 

実家の両親の食事のために始めました。

 

うちの父が糖尿病です。
今までは母が料理面などをサポートしていましたが、最近体調が悪く、ご飯の準備が大変という話を聞いていて、たまたま見つけた糖尿病食の宅配を試してみることに。

 

最初は父のぶんだけでしたが、味わいや準備の簡単さから、今では母も一緒に健康のためといって食べています。

 

食費として考えると高いですが、買い物の手間や準備など、私が通えない分のことを考えると良いサービスだと思います。

 

30代 会社員 Hさん


 

夫の生活習慣病の予防のために始めました。

 

夫は甘いモノ、脂っこいものが大好きという典型的な食生活が乱れやすい独身時代を過ごしていたせいか、私と結婚した後もしばらく、隠れて続けていたようですね。

 

食事で健康に気を付けても仕事中などは監視できません。。
ただ、我が家に子供が出来たのと、前回の健康診断で夫がメタボ予備軍として食事指導が必要だと言われたようです。

 

このままだと、確実に糖尿病になりますと言われて、子供が生まれる我が家のことを考えて、食習慣を改めるということで、私も妊娠、育児があるので、思い切って宅配食事サービスを始めることに。

 

私達のような世帯はメニューの多いサービスが合っていると思いました。
色々と旬の食材も食べられて、カロリーや塩分にも気を配ってくれているので、毎日美味しく満足です。

 

30代 もうすぐ出産予定の会社員 Nさん


 

>>目次に戻る


糖尿病食事宅配で快適な食生活をサポート

糖尿病食事宅配|おすすめ

糖尿病は生活習慣病でも代表的な存在です。血糖値が高いと判断されても初期のころはこれといった症状が出ないので油断しがちですが、進行していくと様々な合併症を引き起こします。それゆえに悪化しないよう、しっかりと健康管理を行うことが大切です。

 

病院の治療はもちろん、食事や運動などの努力も行っていきたいですが、毎日低糖質、低カロリーの食事を用意することは簡単なことではありません。
そういった場合は通販で購入できる糖尿病食を活用することもおすすめです。

 

当サイト推薦!糖尿病食事宅配なら「ウェルネスダイニング」

糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニングメニュー

 

「ウェルネスダイニング」は糖尿病対策食としておすすめの低糖質ご飯や、低たんぱく食対応の人気サービスです。管理栄養士監修の美味しく栄養バランスに優れた宅配食が提供されています。

 

初回送料無料のお試し商品が用意されていますので、まずはこちらから試しするのがおすすめ!
7食、14食、21食が用意されていますので、まずはじっくりとその味やボリュームを確かめてみましょう。

 

2回目以降は定期お届けコースが用意されており送料も半額となり、毎回注文する手間もなくなります。

 

管理栄養士による栄養相談も無料で行うことができ、摂りすぎ防止器の3点セットのプレゼントもあります。
定期コースは月一回7食から気軽に始められるものとなっています。


糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニング

 

糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニング公式サイトへ


更新履歴