糖 数値 食べてはいけない食品

糖質制限中に食べてはいけない食品とは?

糖尿病食事宅配|糖尿病で食べてはいけない食品

糖尿病の治療中など、食事療法を行っている期間・糖質制限中では、そこでは食べてはいけない食品というものもあります。

 

ではどういったものが食べてはいけない食品になるのかというと、これは基本的に大きく血糖値を上げるものです。
糖尿病とは血中に含まれる糖の量が増えてしまったことによってさまざまな害が出る病気ですから、これは非常に自然なことだと言えるでしょう。

 

糖の量が多い食べ物について

わかりやすいところでいえば砂糖を含む菓子類というのは最も控えるべきものであると言えます。

 

スイーツ・お菓子

ケーキや饅頭といった洋菓子・和菓子にはかなりの量の砂糖が含まれていますから、これらを頻繁に食べてしまうと普段の食事に気をつけていても意味がなくなってしまうでしょう。

 

アルコール

またビールや発泡酒、清酒や梅酒といったアルコール類も基本的に避けるべきと言えます。
アルコールは発酵によって糖が変化して生まれるものですから、やはりアルコール類にはそれなりの糖が含まれているのです。

 

その他の食品

その他食品としては果実類、穀類、芋類、練り物や佃煮といった魚介加工品といったものも注意が必要です。

 

野菜にしてもかぼちゃやとうもろこしのようなものに関しては避けた方が良いでしょう。

 

 

もちろん普段のカロリーや糖のコントロールに気をつけていればここまでで挙げてきたものを少し食べた程度でいきなり問題が起きることはありません。
ただやはり糖尿病治療は日常生活の管理が重要ですから、こうしたものには注意が必要だということは必ず知っておきましょう。


 

糖質制限食の食事宅配サービスおすすめランキングはこちら

 

糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニング

 

糖尿病食事宅配|ウェルネスダイニング公式サイトへ