糖質制限 食べるメニュー

<h1>糖質制限 食べるメニュー</h1>

糖質制限中におすすめの食べ物

糖尿食事宅配|糖質制限に良い食べ物

 

糖質制限を始める際、「一体なにを食べたら良いの?」と悩んでいる人も多いと思います。

 

糖尿病と診断された方は、病院で食事指導をされるので普段何を食べたらよいかをアドバイスをもらえますが、糖質過多を未然に防ぎたい方やダイエットのために糖質制限したい方は何を食べればよいかわからないと思います。
この記事では、糖質制限中におすすめの食事をまとめていきます!

 

まずは知っておこう!糖質制限のこと

初めて糖質制限するとき、今まで糖質が多い食生活をしてきた人にとっては、とても辛いと感じる人もいます。
ですが、ちょっとした知識を身に付けるだけで、糖質制限を気軽に無理なく実践できるようになります。

 

基本は、今までの食生活を見直し、生活習慣を改善していくことがとても大切になっていきます。

 

カロリーではなく血糖値の上昇に関わる食事に注目

まず、カロリーと糖質を混同している方もいますが、別のものです。
糖の数値が高いから低カロリー食にしなければいけない、というわけではありません。
糖質過多になりがちな人は「炭水化物」を多く摂取しすぎていることが原因の場合が非常に多いです。

 

まず見直すべきは、この炭水化物を減らし、尚且つ栄養価が下がらないようにするのが大事です。

 

糖質制限中におすすめの食べ物

まず前提として、自分の体・活動量に必要以上のカロリーを摂取してしまっている場合は、食べる量も減らすべきです。

 

糖質が低い食べ物をセレクトしても、食べすぎては無意味。
糖質制限中の人にとって糖の数値のコントロール・管理はとても大切です。

 

食べる量は一般的だが、糖質が多いものばかりを食べている場合は、食べるものを代替するだけで十分糖質制限できます。

 

糖質制限中は、下記の要点を念頭に置いておきましょう!

 

ごはん・うどん・そうめん・パンなどは基本的に食べ過ぎないようにする。
食事制限中でも、体を作る「たんぱく質」は十分に摂取する
砂糖が使われているお菓子・スイーツはなるべく避ける

 

糖質制限中の食事は下記のものを中心に調整していくのがおすすめです。

 

・野菜、肉類、魚類などたんぱく質と食物繊維を摂取する
・油は摂取してよいが、ドレッシングや調味料は糖質が低いものを選ぶ
・大豆食品、豆腐、納豆をメインにした料理がおすすめ
・青魚や鮭などは十分なたんぱく質を摂取でき、糖質も低い
・スイーツが食べたくなったときは、砂糖が少ないブラックチョコが良い(チョコレート効果90などのカカオ割合が多いもの)

 

さらに、糖質が低い食品を知っておくのがおすすめです。

あわせて読みたい

糖質が低い食品一覧

 

健康食としても知られる大豆製品

代替としておすすめできる食材は大豆です。大豆は低糖質なだけではなく、血糖値の上昇を緩やかなものに変えてくれる効果が期待できます。
数値が気になる人にとって、とても良い食べ物と言えます。

 

現在は、パンなどで大豆粉を使用したものも売られていますし、低糖質の食材も数多くあります。
それらをうまく利用しつつ、窮屈に感じない食生活を送ることが治療としても大切になってきます。

 

食べたいものを食べられないストレスは治療の妨げになってしまいますので、できるだけストレスを感じないような食生活を心がけましょう。

 

糖尿病の食事メニューとカロリー・栄養バランス

糖尿病食事宅配|食事メニュー

 

糖尿病は血糖のコントロールが必要です。
そのためには毎日の食事メニューが重要になりますよね。

 

糖尿病の食事メニューを考える上で大切なのが

  • 食べ過ぎ(エネルギーの摂りすぎ)に注意・改善する
  • 1日の食事の総エネルギー量の把握と食べる量・食べる時にかける時間の偏りを無くす
  • 主食のご飯・パン・麺の量と野菜・魚の量のバランスを取る
  • 糖分が多いジュースから、お茶・麦茶などを飲む習慣を意識する
  • 肉を食べる時には副菜で野菜を取り入れる
  • 油っこい料理が好みの方は週に○日と決めるのがおすすめ
  • 夕食が遅い時間の方は食べる量を取りすぎないように注意する
  • お酒を良く飲む方は量を控える・調整する

これらを意識した食生活に切り替える、取り入れるというのが糖尿病の食事メニューを考える時のポイントとされています。
また、糖尿病というとカロリーに目が行きがちですが、糖分はもちろん、塩分の摂りすぎにも注意する必要があります。

 

 

糖尿病食は毎日食べる食事のバランスや量、食べ方、時間という点を考慮しながら生活する必要があります。
中でも重要なのが、食事の内容、メニューですよね。

 

忙しい毎日の中でカロリー・塩分、糖質などを考えて準備をするのは楽ではありません。


 

糖質制限中は食べる順番も重要!

糖尿病食事宅配|糖尿病予防食

 

生活習慣病と呼ばれる糖尿病は年々患者数は増えており、世界中で注意喚起されています。

 

糖尿病になってしまう原因の一つとして、日頃からの暴飲暴食の傾向があります。
暴飲暴食・糖質過多により、膵臓で作られているインスリンが追い付けなくなり、糖尿病となってしまう人が多いようです。

 

糖質制限はダイエットだけでなく、生活習慣病予防にもとして役立つので食事習慣を見直すことがとても大切になってきます。

 

血糖値が上がる仕組みとは?

食事を摂ると、食品から体に摂り込んだ糖質が血糖値を上昇させます。
急激に上昇した血糖値を下げる為に、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されています。
暴飲暴食をしてしまうと、そのインスリンが血糖に追い付けなくなってしまいます。
血糖値の急上昇と急降下は、数値が上下する様子から「血糖値スパイク」と呼ばれ、健康的リスクや太りやすくなってしまう要因とされています。

 

健康維持・メタボ対策のためにも急激な血糖値を上げないような食生活に改善することが必要です。

 

食事の食べる順番を意識する

糖尿病食事宅配|食べる順番

その1つの方法としては、まず食事の最初はサラダを食べるようにすることです。

 

血糖値を急激に上げてしまう要因は、炭水化物です。
ご飯を最初に口にすると、その段階から血糖値は上昇してしまいます。

 

サラダを食べることで、緩やかに血糖値が上げていくことになります。
また、ドレッシングなどの油分は、血糖値の急激な上昇を避けてくれますので、油分の多いものを食べてから、炭水化物を摂取するのも良いでしょう。

 

毎日の糖尿病食を用意するのが大変な方におすすめのサービス

 

糖尿病の食事メニューが豊富な食事宅配サービスウェル「ウェルネスダイニング」のメニュープランには、

  • 健康応援気配り宅配食
  • カロリーを控えたい場合のカロリー制限宅配食
  • 塩分を控えたい場合の塩分制限宅配食
  • たんぱく質の制限がある人向けのたんぱく制限宅配食

以上の中からメニュープランを選ぶことができます。

 

おすすめはカロリー制限気配り宅配食

糖尿病の場合にはカロリー制限気配り宅配食のプランがおすすめです。

 

1日の摂取カロリーを制限したい人向けの宅配食で、カロリーは240kcalで塩分も2.5gイカに抑えている管理栄養士が考えた献立です。
魚料理や肉料理など様々な献立で美味しくカロリー制限が可能です。

 

ウェルネスダイニングの利用方法

食事宅配サービス「ウェルネスダイニング」は1度の申込みで希望する回数の食事が定期的に食事が届きます。
入会費や年会費は無料で、食数もひと月に7食、14食、21食と、毎週1回、2週間に1回、3週間に1回、毎月1回を組み合わせる宅配食が可能です。

 

続けるなら断然定期コースがお得

定期コースは送料は常に半額で、栄養に関する管理栄養士への相談が電話やホームページから無料で問合せることができるのです。さらに届け日の1週間前までに連絡すると宅配食のお届けの変更などが可能なので、急な予定が入っても安心でき自分のペースで続けて行くことができます。

 

 

糖尿病食が必要な方、食生活の改善に取り組もうと考えている方がいるご家庭の食事を自分のペースに合わせて続けられる、食事制限に役立つサービスとして「ウェルネスダイニング」はおすすめです。